旅行中の病気に備える

旅行で病気にかかった時の保険

海外旅行中の病気と保険について

海外旅行へ行く際 保険を掛けるかどうか迷いませんか。若者の数日程度の旅行ならば あまり必要ないかと思いますが、退職後に時間の制約もなくなり のんびりと海外へ行く場合 掛けることを必須としてください。高齢になれば 不慣れな土地、習慣に適応できにくく体調の不具合が出やすくなります。そして最大の理由は病気によっては現地で治療ができず 日本へ帰らねばならない場合があります。その際 ベッド移動 チャーター便 経過治療のための医療関係者の同行など 莫大な経費がかかる処置を受け、数千万円単位必要な場合があります。高齢者が 海外へ行くのであれば、生命より医療保険を掛けることをお勧めします。

旅の保険はいらないのか

旅行を申し込んだ時に聞かれるのが、「保険に入りますか」の一言。国内だったり短期間だと、必要ないからいいやと入らない人も多いのではないでしょうか。しかし、意外にも「入っておけばよかった」なんて場面も多いのです。例えばこんなこと、経験ないですか。携帯電話を落としてしまった。お財布を盗まれた。不注意でものを壊してしまった。怪我をしてしまった。食あたりになった。こうしたことは、いつ起きるかわかりません。そうなったときに役に立つのが旅行保険なのです。数百円から数千円で、安心を得られる。ぜひ、旅発つ前に忘れず加入してくださいね。

↑PAGE TOP